web制作に役立つ知識・SEO対策の禁止事項を守ろう

 

GL087
見た目に優れたデザインのウェブサイトを制作しても、アクセスが伸びなければ意味がありません。
検索エンジンでできるだけ上位に表示されるように工夫することを、SEO対策と呼びます。
SEO対策には禁止事項があり、もし禁止事項をしてしまうと検索エンジン側からペナルティをくらって検索で表示されなくなってしまうこともあります。
web制作会社に外注するから関係ないとは言わず、簡単にSEO対策の禁止事項を学びましょう。
≪文字の色を背景と同じにして見えなくする≫
例えばアクセス数を伸ばすために、キーワードをページの中に埋め込む方法があります。
白い背景に対し白い文字で表示すれば隠し文字ができるので、この方法でキーワードを羅列するのです。
このような方法でキーワードをページに埋め込むのは、禁止事項です。

他にもタグを使って表示されないけとキーワードを隠すようにしたり、極端にフォントを小さくしてキーワードを隠す方法も禁止です。

≪クローキング≫
検索エンジンの巡回ロボットとサイトの訪問者に見せるページを別々にできるように操作することです。
検索エンジンはタグやテキストを読みこんで判断しますので、このような方法を利用するのです。
しかし、これでは純粋に有益な情報が載っているサイトとは言えませんので、禁止事項になります。
他にも色々な禁止事項がありますが、検索エンジンを騙そうとするようなweb制作はペナルティの対象になります。

デザイン会社

Comments are closed.