ホームページ制作の基本言語

Posted by admin on 水曜日 5月 21, 2014 Under 未分類

web制作と一言で言っても、実際には様々な技術が含まれています。

まず、基本となるのはHTMLという言語です。
HTMLというのは、インターネットを通してwebサイトを見ている人の目に、どのような情報を伝えるかという基本的な枠組みを作ります。
れっきとしたひとつの言語ですので、拙い話し手のようなwebサイトから流暢な話し手のようなwebサイトまで様々です。

ただ、様々な美辞麗句を並びたてた話し方が分かりにくいのと同じように、凝り過ぎたwebサイトも分かりにくいという特徴があります。
あるいは無駄な言葉が多いと時間がかかるのと同じように、HTMLがすっきりと無駄を省いているとサイトの呼び込み時間が早い、という利点があります。

そのため、HTML言語にどれだけ堪能か、という点は、より効果的なwebサイトを制作する上で重要なポイントとなってきます。
それを見分けるには、web制作会社の制作例がどれほどあるか、また制作例にはどんなものがあるのか、実際に見て確認することによって、実力があるかどうかが分かります。

HTMLは基礎ですので、さらに加えてXMLやXHTMLなどの言語の多様化が存在しています。
また、HTML5にJavaScriptという別の言語を加えることによって、スマートフォン向けのアプリを作りだすことも出来ます。

Comments are closed.